確認する

塗装の塗り替え時期について

construction

自宅の劣化について判断するためにはいくつか方法があります。1つは実際に自分で壁を触ってみることです。もし、外壁を触った時に手に何もつかなければ正常な状態です。ですがチョークのように白い粉がつく場合は階席が劣化していると言うことです。 また目で見て、かびや苔が生えている場合も外壁塗装する時期です。特に北側は日が当たらないためかびや苔が生えやすいのです。 さらに、壁にヒビ割れが起きている場合は塗装で済む場合もありますが補修をする必要があることも考えられます。

サイディングの状態について

塗装のはがれについてはどうでしょうか。住宅の壁をよく見ると外壁塗装が剥がれていることがあります。これは単に劣化しているだけということも考えられますが塗り方が悪かった場合も塗装がはげてしまうのです。いずれにしても外壁塗装や補修が必要になります。 壁を見ると色が変色している場合があります。これは、日当たりが強い場所には起こりやすい現象です。いずれ、経年劣化すれば必ず起こる現象といってもいいでしょう。 サイディングの壁の場合は、塗装とは違い少し特殊な劣化の仕方をします。ひとつはサイディングの壁がそってしまうことです。またサイディングのつなぎ目のまわりが割れてしまうこともあります。 このように様々な場面で外壁塗装を必要とするシグナルがあります。